足元にご注意ください

気付けばハマる、そこは沼。劇団☆新感線を中心に、独断と偏見のもとで好き勝手言い募る場所。

【感想】下弦蘭兵衛に鳥蘭みを感じた2/5マチネの話【髑髏城の七人Season月】

2/5マチネ、下弦マイ千穐楽レポです。これ書き切ったらほんとに終わってしまう気がしてなかなか筆が進まなかったけど、下弦そのものが終わってしまいそうなので頑張って書く。さみしい…

 

しかしまあ、下弦があって本当によかった。2/4上弦を観て終わっていたら、しばらく立ち直れなかったです。 

dramatic9ri.hatenablog.jp

 

 

明るく楽しい少年ジャンプだけど蘭兵衛の罪深さに泣くしかない下弦、定点カメラしてたら蘭の罪深さがさらに増した話をします。

 

  1. とりあえず蘭兵衛定点カメラ
  2. 鳥蘭みを感じた廣瀬蘭兵衛
  3. 下弦霧ちゃん最高
  4. いん平の努力(斬鎧剣の話)
  5. 捨之介のお衣装の話
  6. 下弦いいとこ一度はおいで

 

 

とりあえず蘭兵衛定点カメラ

観たらわたしが絶対死ぬ廣瀬蘭兵衛に殺されに行くと決めていたマイ楽。

ひとめ見たときから決めてましたあ!

おっとう登場シーンと無界襲撃の蘭兵衛定点カメラ。いつも観劇回数が少ないから思い切れなかったんだけど、いつかやりたかった。ついにやった。つらいけど、後悔はしてない。つらいけど。

下弦蘭兵衛さん、いん平のとこホントにずーっと太夫たちといちゃいちゃしてるのね。そっと肩を抱いて後ろに隠したり、泣いてるガールズ慰めたり、いん平がガールズの方に踏み出してきたときは、両手広げて立ちふさがって、微笑んで一礼するんだよ…いいホテルの支配人かよ…「これより先はご遠慮いただいております。」って感じ…

みうらんがビンタするとこかな?兵庫が喋ってる端で太夫と「お前のことだよ」「ええっ?」って会話したあと「ほらほら」って太夫を前に押し出すの、絶対アレ太夫をからかうためにやってて、心の中ではぜんぜん差し出してないし太夫が自分を想ってるの知ってるの、最高に幸せな無界でした。泣く。

そのあと抱きしめて頭ポンポンするんだよ…ねえ、それ蘭兵衛さん何歳なの…兵庫ほど歳は離れちゃいないの…?

 

2幕冒頭の口説きではライビュと同じくしっぽ(?)の先にちゅってしてましたね…いいのかあれで…

口移しの直前霧ちゃんに「蘭兵衛!」って呼ばれて振り返ったり、「やめろ…」って最後まで抗うのは相変わらずなくせに、同じ苦々しい表情で天魔王の手を取るんだよ…我慢してるけど、ダメだって分かってるけど、手を出しちゃうんだよ…天魔王シャブ…

そのくせ、夢見酒蘭兵衛は完全に女の子で、刀身に自分映して、薬指で夢見酒の紅差してにんまりするんだ。そして侍女の巫女さんの頭ぽんして去っていくんだ…その頭ぽんの無駄遣いはどこで覚えたの…?殿にしてもらってたの…?

 

最後の極楽との対峙では、他の人のレポで見たとおり、目を斬られて見えない中で、刀を探して立ち上がって、でも太夫の「蘭兵衛!」に気付いて刀を捨てて、目を閉じて銃弾を受けるの、あれ、見えない目を閉じて、太夫が最後に自分を呼ぶ声を聴いてるのかなって思った。酷すぎるけど。わたしはどこまでいっても結局蘭兵衛クラスタなので、彼は最後は蘭丸ではなく蘭兵衛として死んでいった気がしています。

じゃないとあのカテコは許さん。

ちなみに一緒に登城した蘭兵衛クラスタな下弦初見の友人、カテコ見て「その世界線は…見せちゃ…ダメなやつ…ありがとう…」と泣きました。ですよね。

 


鳥蘭みを感じた廣瀬蘭兵衛

引き続き蘭兵衛定点カメラ、無界襲撃編のご報告です。まるで鳥蘭でした。と思ったのはわたしだけ?蘭丸ではなく蘭兵衛がいました。楽しいと言いながら泣く蘭兵衛…それ、いちばんつらいルートだからな?知ってる?

ガールズ斬るとき、ガールズ見ないんですよねあのひと。わざと顔背けたりはしないけど、斬る直前、生きてるガールズはしっかり見て、斬り去った後ろには絶対に視線を残さない。見たら辛くなるんだろうなあ。

荒武者隊が立ち上がるときだって、前は嘲笑ってたのに、今回は辛そうに顔をしかめてかぶりを振る…あの荒武者隊たちを、何度も何度も斬らなきゃいけない自分を厭うみたいに…

しかも人間五十年のところでは、燃える無界を見回しながら頭を抱えてるの、わたし見たからな!!!泣きそうに苦しみながら、天魔王見つけてようやく笑ったの、見たからな!!!その世界線は、鳥蘭が見せた、一番辛いルートだってば!!!

 

最後に太夫と対峙するところ、兵庫が入ってくる直前が象徴的だった気がするんです。

前回は下手から観まして、泣き叫ぶ羽野太夫を背にした蘭丸さん、太夫の涙なんか気にも留めずに刀に映る自分をうっとりと陶酔して眺めて、刀に付いた血を薬指ですくって、得意のチュッてして太夫に斬りかかって行くという大罪を真正面から観させられたわけなんですけど。

今回は上手から観まして、残念ながら蘭兵衛の顔は見えず。でも手元がね、よく見えまして…あのひと自分で自分の薬指切ってたの…自分がまだ生きていることを確認してるみたいに、血が出るのをしばらく眺めてから、血を舐め取って太夫に斬りかかるの。

蘭兵衛クラスタの妄想がはじまるよ?

自分が幸せに暮らした場所で、自分以外がみんな死んで、自分だけが生き残って、それって本能寺じゃない?結局自分が光秀と同じことをしているって、気付いちゃったんじゃない?それでも光秀や天魔王とは違うって最後の矜持が、死に際だったんじゃない?

書いてて思ったけど、蘭兵衛おまえ、わがままだな!!!うん、知ってる…武士ってのはほんとわがままで、女はそれに振り回されるものなの…ね、太夫…(混乱)

 


下弦霧ちゃん最高

霧ちゃん!強くて幼くて素直でひねくれてる霧ちゃん!君がいるから月は登ることができています…ありがとう…捨天蘭があんなに拗らせてるとね…兵庫だけじゃ止められないから…

平間くんも好きなんですけど、松岡くんがたまらなく好きです。NARUTOはとりあえず2015をポチりました。すき。(新たな沼に嵌る音)

 

捨天蘭は常に「誰かのため」に生きていて、それ以外の6人は「自分のため」に髑髏城へ向かうという話を前にも書きましたが

dramatic9ri.hatenablog.jp

 その中でも霧丸と渡京だけが、最初から生きるために髑髏城へ向かうんですよね。兵庫と極楽は死にに行くからさ…あれ、ふたりで敵を引きつけるって下手したら迷わず死ぬから(実際極楽は死にそうになる)贋鉄斎そっち側でほんと正解です。

あの人はいつも生と死の狭間にいるね。天魔王と捨之介の間にも入ってるし…え…?(ここに来てまた新たな解釈の気配…)

…いや、今回は霧ちゃんについて書くんだ!

生きるために髑髏城へ向かって、捨之介を見つけ出して鎧剥がして、100人斬りで捨之介の刃を明日に向けて、すでに大活躍の霧ちゃんね。

捨天対決後のからっぽの捨之介に向かって「生き抜けよ!」って言うのほんと泣くんですけど、そのあと宮野捨が「なんでだよ…」って泣くからそれどころじゃなくなりました。それって、二幕前半の逆構図では…??

霧丸だけでも救いたいと言った捨之介に「なんでだよ…」と泣き崩れた霧丸を、同じ髑髏城の中で、わたし見たよね…?逆転じゃん…?

救う側の哀しみと救われる側の苦しみをどちらも知ってるふたり最強だし、そりゃあ最後抱き合って支え合いますよね。沙霧居なくなってどうなるのかと思った半年前のわたし、安心して!最高だから!!!

 

そして愛すべき千葉さんとの対峙も最高です。このふたりだいすき…

千葉さんたら、声色をとっても予想外に使ってくるから「空っぽの仮面か」が完全にお怒りなんですよね。そこでビクビクしながらも毅然に見上げる霧ちゃん、「そうかもしれんな」と言われた瞬間、緊張の糸が切れてへなへな座り込む霧ちゃん、すき…松岡くん…また何か観に行くからね… 

 


いん平の努力(斬鎧剣の話)

斬鎧剣入れ替えは3回確定でした。

最初に贋鉄斎から受け取る斬鎧剣から、上手で一度入れ替えて刃こぼれしたものになって、抜いて第五天。下手奥で入れ替えて、抜いて第四天。また上手で入れ替えて、抜いて三、二、一で人間界。(最後は天魔王を観ているのであまり覚えていません)

他の方のレポで拝見した中指の黒リングも確認。抜く手前で飛ばないようにか、ぜんぶ付いてましたね。さすが。

先日上弦で大波乱があったようですが、2/5マチネも入れ替えもたついてたように見えた。喋りながら入れ替えるの難しそうだなあと思いながら、でもやっぱりここは捨之介よりもいん平を讃えたい…!

何度でも言うけど、鳥の混乱から風のリスクヘッジを経て、よくぞここまで入れ替え技を磨いたよね…!!!打たれ強い新感線の底力を見た。

でもいつも最後の三天見れてなくてごめんね…そう、最後は天魔王を観ているので覚えてないの…

斬鎧剣を語るには鈴木天の最期に触れないでおれようか。すごくすきです。だんだん鎧を剥がれて悲しい顔になって、それでも拍子木とともに鋭く捨之介を見上げるあの構図…天と地が逆転したあの対峙はほんと画としても物語としても美しくて、そのままポスターにしてほしい…(ネタバレ甚だしいから無理だけど)
それにしても、彼は捨之介の向こうに見上げた天に何を見たのかな…新しい天を見つけたんだろうか…

と、冷静に感慨に耽ることができるのが下弦です。あ、あああ、て、てんまお…あああ…と泣くことしかできないのが上弦です。

 

 

捨之介のお衣装の話

マモ捨、わりと御髪を振り乱すので序盤で木瓜紋確認できました。あいつ最初から織田背負ってるよ!

でも下弦、黒に白抜きなんですね!!!(上弦は白地に黒紋だった)この対比たまらんのですけど…だれか…詳細…と思ったら公式がやってた。天下のカフェドクロ様々!!!衣装設定集とか美味しいでしかない。

紫ってアカとアオが混ざってできてるわけで、ふんどしとか対比なのそれでかなー。舞台挨拶は上弦が赤みで下弦が青みだったはずなのに、衣装逆だなー。とかいろいろ考えてたけどそのへんはプロに任せてわたしは設定を楽しんでました。四方八方から書き込みされてて、カオス具合がすごかった。〇〇さんが探す!とか。チャコットさんに依頼!とか。(うろ覚え)

捨之介の肩部分は上弦が白地、下弦が黒地で、設定からしてそうなんだなーって。結構あの辺の色味って顔の映りに影響あると思うんだけど。それも考慮した色なのかねえ。

あと、裾にふたりぶんの髑髏背負ってる捨之介は、誰を背負っているの…?

ほんと考察捗るっていうか、一回設定集ぜんぶまとめて出版するべきだと思うの。買うからさ。幾らでも積むから出版しよ?

 


下弦いいとこ一度はおいで

はー、ほんと下弦は大正解です。ライビュ含めて3回観て、3回とも「大正解…!」と 叫んだわたしは間違ってない。これ以上ないハッピーエンドな勧善懲悪だし、捨霧最高だし、カテコしあわせだし、兵庫かっこいいし極楽かわいいし、おっとうがんばってるし、大正解、なんだけど、なんか、こう、どうしても上弦が恋しくなる…

この大正解な下弦と同じ解釈でなぜ上弦はあんなふうに苦しみながら登るの???やっぱり天魔王の中の人が2回も死んで蘇ってるから?

ていうかわたしなんでこんなに月で突然荒ぶってこんなにレポ量産してるの?まだ下書きに「天とは何だ?」が残ってるよ?

 

 

死んで甦れと

ついに月が沈むと思ったらすぐ修羅の世界が待ってるの、知ってる…

決死の思いで確保したチケットは結構序盤なので、まだまだあるよ、とおけぴが呼んでいる…

チケットいつ届くかなー。3月初旬くらいかなー。これまでチケ運が良すぎて、現地7回のうち半分より後ろだったの1回だけ(しかもお譲りチケ)だったんですけど、今回は最速先行外れてるから席は期待してません。そのかわりアトレックをレンタルすると心に決めているんだ。(ツイッターの先輩方ありがとうございます。)

いま仕事が繁忙期で体調も気分も死んでるけど、新感線がある限り何度でも死んで甦るから、たのむから早くゲキ×シネと円盤発表して…