足元にご注意ください

気付けばハマる、そこは沼。劇団☆新感線を中心に、独断と偏見のもとで好き勝手言い募る場所。

【前半はネタバレなし】後方席こそ最強説。みんな現地へ!【メタルマクベスDisc1】

去年から今年にかけて月イチで髑髏に通った身としては信じられないけど、なんとマイ初日にしてマイ楽、最初で最後のメタルマクベスDisc1・8月5日マチネ観劇してまいりました。スケジュール的にもう増やせないので、目に焼き付けようと。(ただし来年のWOWOW様に期待はしている)

 

観劇前におけぴとか覗いたら後方列のチケットが結構残ってて、ああ後方だしなあ…と思ってたけど、観劇後は、ああ、わたしのスケジュールさえ空いてれば!その後方席チケット!ください!と思ったので、前半はネタバレなしのレポを書きます。もうDisc1はおわってしまいそうだけど、まだ半年続くメタマク祭りにおける後方席チケットの良さをみんな知ってほしい。

 

ただし、先に言っとくと、わたしクドカン脚本があまり得意ではない。けど、メタマクは、これは、ライビュじゃもったいないなこれは!!!という感じでした現地観劇推奨!

 

 

後方席こそ神席

座席は31列目でした。正直舐めてた。まー後方だけど…メインは歌だし!って強がってた。けど強がりとかじゃなくて後方席はマジで最高だった。

だってステージアラウンドはとにかく、もう、なんていうか、画角が広い!ステアラちゃんに慣れてきて、スクリーン開閉の活かし方を心得たうえに、これでもか!と座席をぶん回してくるメタルマクベスを観るなら全てを見渡せる後方が本当におススメです。

 

前方席は、髑髏城の経験から言うと、たぶんあれ、むっちゃ首を左右に動かさなきゃいけないのでは…?もちろん前方なら役者はよく見える。っていうか目が合う。わたしに向かって台詞言ってる。だから、推し定点カメラとか、役者推しで観に行くなら前方良いとおもう。

ただ、前方すぎると目の前の役者を観るので精一杯で舞台中央で起こってることしか把握できないってデメリットは初見は知っておくべき。ストーリーも役者の動きも知ってるリピーターならいいけどね。

 

ただ、今回はわたしリピートするなら後方席狙うかな!髑髏城では前方一択だったんですけどね。繊細な着物の模様やらメイクやら暖簾の柄やら、衣装班とメイク班の先輩方が大活躍でお世話になりました。

しかし今回はだな!とにかく大味!細かいことは置いといて、セットどーん!スクリーンばーん!仕掛けどーん!はい、歌〜〜〜!みたいな感じ。だから、きっと、見渡さないと醍醐味が感じられないんじゃないかな。ということで、もう一度言う。メタルマクベスの後方席はいいぞ!

 

 

もう少しネタバレなしで主演

マクベスって古典すぎてどこからがネタバレなのかさっぱりわからん。けど、もう少しネタバレなしで続けます。

あのね、橋本さとし&濱田めぐみの主演って、どちらもほぼ初見だったんですけどほんと耳が幸せ。お耳が最高級ベッドとふかふかのおふとんに包まれてしあわせにほわほわしてる。もっと2人のハモリがあっても良かった…

あと新感線クラスタとしてはカナコさんの歌声が最高でした。(ネタバレに触れるので後述)

メタマクって、もちろんマクベスだけど、メタルミュージカルなんですよね。当たり前すぎて当たり前なことしか言えてないけど、歌うわけ。ノーマークだった松下くんも歌うわけ。冠くんも初演通り冠くんなわけ。マクベスとかどうでもよくて(よくない)ほんともう、歌〜〜〜!!!

これDisc2の松也×櫻子とかDisc3の浦井×長澤とか、どうなってしまうんだろう。どうなってしまうんだろう!!!歌!楽しみ!

 

あとまあ歌詞がスクリーンにちゃんと出るんですけど、歌聴きながら歌詞見ながら舞台の役者の動きも観れるのはやっぱり後方席じゃないですかね!(しつこい)

 

 

ネタバレなしでクドカンについて

冒頭でも言ったけど、わたしクドカンが得意ではない。何がって、クドカンの「笑い」が得意ではない。

だから初演の内野聖陽×松たか子のメタルマクベスも、どハマりはしてない。松たか子の夫人と森山未來のJr.がとにかく良くて結果プラスって感じです。

でもわたしがメタルマクベス観れてるのは、きっとマクベスだからなんだろうなあと思うわけです。つまり原作があるんですよね。セリフもキャラクタも原作があって、その上でふざけるから、ギャップで楽しめるっていうか。

それを言うならVBBもクドカンだったけど、アレはアレで洪水のようだったので苦手意識を感じてる暇がなかったし…

 

 

ここからネタバレ

いい?もういいよね?

ストーリーと役者のネタバレ行きますよ!

もうさ、マクベスってほんと夫人の物語なんだなあと再認識!NINAGAWAマクベスの感想にも書いたけど、弱気な夫に強気な妻だった前半の構図が、後半に入ると逆転するあのこのそれ!

 

ランダムスターは最初から二面性を持ってるから最後までなんとか立っていられるけど、夫人は耐えられない。自分の罪、もうひとつの顔を抱えきれずに壊れていく。もう2幕の濱めぐさんが最高すぎてサントラはやくほしい。観てから永遠に脳内再生。

でもまず脳内再生されるのはカナコさんの歌声なのだ〜〜!魔女!バンザイ〜マクベス〜!耳から離れないありがとう贅沢最高。初演でも魔女だったカナコさんの高音が聴こえると、ああ、メタマクだ〜〜!ってなります。カナコさんの声むっちゃ好きなんですよね。声フェチなんです。俳優さんを好きになるきっかけっていろいろあるけど、ずっと好きで居続けられる俳優さんってみんな声がすき。いくら顔が好みでも声が好みじゃないと好きの気持ちが続かないんですよね。だからカナコさんと河野さん(今回出てないけど)はずっと好きです。出演作制覇するタイプのオタクじゃないから知識は少ないけど、ずっと好き。生駒あいしてる。

 

歌が最高なメタルマクベス、松下くんも初見だったんですけどあんなに歌って踊るんだねー!!!2幕のおうたとってもよかった!でも、それなら、なぜ!七光り!三度笠を!抜いたのか!!!あれは未來くんの持ち歌なんでしょうか…マネージャーよりボーカルがいいよ…めそめそ…

 

あとは、髑髏城と違って端役がほんとに端役(名前のない役が多すぎ)なメタルマクベス、端役が多すぎてみんなめっちゃ出てくる。ESP軍かと思ったらフェルナンデス軍だし、エクスプローラになるし、衣装替えと裏の移動大変そうだな…と心配になるステアラ常連組。

 

それから、まだ言ってんのって感じですけど、絶対に1回は後方列で観たほうがいいと思う。だって前半の王への報告は左右の舞台両方観たいし、最後の電飾も全部目に入ったほうが迫力ある。ステアラのいいとこも悪いとこも使いこなしたいのうえひでのり大先生がすごすぎる。

 

はー、満足。Disc2は魔II夜と櫻子ちゃん夫妻を観てみたいのと、河野さんを拝むために千穐楽のチケットを確保したので、あとはライビュかなって感じです。Disc3は我らがシャルル(浦井くんではなくあくまでもシャルル)のランディを見届けなければならないのですが、観劇予定は11月の半ばなので、千穐楽のチケットを探しています。先行は全部落ちたよ…

 

39公演も発表されて、まだまだしばらく新感線の沼は居心地がいいぞ!

 

どっぷり浸かる沼もいいもんだ【七月大歌舞伎(松竹座)】

高校時代から歌舞伎の沼にどっぷり浸かっていた友人が、うっかり予定をダブルブッキングさせてしまって回ってきた七月大歌舞伎・昼の部。ご挨拶は無いほうだけど、襲名披露公演です!

 

3階席もいいもんだ

歌舞伎座と違って見えにくいよ」と忠告を受けていた3階席。たしかに花道があんまり見えません。でもまあ、舞台は綺麗に見えますので問題ないです。引っ込みのときだけそっと遠慮がちに覗き込む3階勢。うん、わかる。マナーを守りつつ、いいとこはみんなで観たいよね…

ただ、土日だったけど3階席はわりとスカスカだなあという印象。一階もポツリポツリ空席。でも途中から来るひともわりと多くて、後半はわりと埋まった印象。

歌舞伎座の一幕見席で観たときも思ったけど、やっぱりオペラグラスは殆ど要らなかった。そりゃあそうだよね。表情とか役柄を強調するために隈取してるんだもんね。遠くからの全景で十分楽しい歌舞伎素晴らしい。とりあえず観てみたいなら3階席でも十分だと再確認しました。

 

 

一幕:廓三番叟

お祝い事で演じられる舞踊系の演目だそうで。3人が舞う。ただただ日本の古典芸能の美しさを浴びる演目でした。

期待通り、壱太郎さんがとにかく綺麗!滝の白糸で衝撃を受けた壱太郎さん。こっそり楽しみにしていた振袖新造がかわいくてかわいくて萌える。

ちなみに、もちろんイヤホンガイド装備です!三番叟はセリフが無いので、場面解説の他に歌詞解説も入るけど、イヤホンガイド聞いてると歌詞を聴き取る暇が無い。古語難しいですね。

 

二幕:菅原伝授手習鑑〈車曳〉

松王丸!〈寺子屋〉の哀しい松王丸を知っているからなんだか感慨深い松王丸!

ずうっと前、沼の縁を歩くよりもずうっと前に、テレビでやっていた海老蔵さんの〈寺子屋〉を観てるんですよね。局は覚えてないけど、たぶん副音声で解説が付いてて、結構真剣に観た。よくぞ観てたわたし。寺子屋の方が車曳より後だからあんまり関係ないけど、ちょっと知ってるだけで理解が違いますねほんと。

 

車曳は全部そうなのか知らないけど、和事と荒事を同時に観られるのがとてもすてきね、それぞれの襦袢もとてもすてきね。三つ子襦袢のがまぐちポーチセットとかほしい。かわいい。

しかし台詞は古語なので聴き取れるようで聴き取れない!イヤホンガイドありがとう!上から見ると見えないところも多いけど、普通なら見えないところが見えることも多くて楽しみました。(時平が車に入るところがちょぴっと見える)

 

ここまで楽しんで、番附は買うか迷いますね…まだ序盤だから写真も入ってないし…ちょっと中も見せてもらって、結局買わなかった。筋書き入ってるのは気になるけど、それはもうちょっと勉強してからだな。

幕間に廊下へ出ると、案外若いお客様が目につきました。前はもっとご年配が多かった気がするよ。土日だからかな。

 

三幕:河内山

イヤホンガイドは幕間に役者さんインタビューが入るので、ぼっち観劇でも全く退屈しません!というかむしろ人と喋ってる暇がないかも!このインタビューは録音なのかな…解説自体はイヤホン越しに舞台の音が聞こえてるから生だと思うんだよね…録音なのかな…そんなことないよな…

と聴きながら、河内山の筋を全く知らないので幕間で下調べ。悪人が悪人を騙して、開き直って啖呵を切る、スカッと爽快な話らしい。うーん。結局よくわかんないまま幕が開く。

ひえー!白鸚さんすげー!もう、よくわかんないけど、渋い〜〜!広間のやりとりと玄関でのやりとりとの差がすごい〜〜!

台詞が全部七五調なのがかずきに侵された新感線脳にビリビリきます。あらゆる台詞が七五調。信じられん。かっこよすぎるから台本が欲しいなと少し思いながら、でもリズムが良すぎて、場面転換が少なくて、みんなスヤスヤおやすみだったよ…わかる…心地いいよね七五調…

しかし玄関(見せ場)になるとみんな起きる。玄人だ…!

 

案外イヤホンガイドがなくても言葉がわかる作品でした。七五調って口語だもんね。広間では丁寧な言葉なのに、正体がバレた玄関ではべらんめぇになるの最高。イヤホンガイドも、そもそも単語の解説しか流れない。でもこの、ほら、昔の常識知らないから、その、あの、話の流れがわからないよね!ほんとポイントを押さえた解説ありがとう!

 

 

四幕:勧進帳

さて、観たかった勧進帳!一幕から長らくお世話になっているイヤホンガイドさん、とても助かるけど、イヤホンが大きくて耳が痛くなってくる…

しかし!

ここでイヤホンガイドがさらに秘められた力を発揮するときが来たのです。いままでの3つも良かった。わかりやすかった。しかし!ソノダさんの前ではそれも無に等しい。

勧進帳の解説を担当してくれた、穏やかイケオジボイスのソノダさん、超わっかりやすーい!!最高!!!趣がある!三味と鼓の音まで解説してくれるソノダさん最高of最高。途中の長台詞のあたりでは大まかな内容だけ教えてくれて、「用語は難しいので、難しいことは考えずに台詞の応酬、リズムを楽みましょう…」ってソノダさん。でも大事なトコは解説入れてくれるソノダさん。ソノダさん素晴らしすぎる!!!誰なんだろう!滝の白糸のイヤホンガイドさんも同じような穏やかイケオジで心地よかったのを覚えている。ソノダさん、まるで一緒に観てて隣から語りかけて来るかのような口調で、とにかく最高に聞きやすい。

情緒のあるソノダさんのイヤホンガイドに支えられながら、勧進帳のはじまりです。

義経一行の登場は花道の手前すぎて幸四郎さん見えず。仕方ないね。知ってたからね。幸四郎さんが扇片手に舞うとどうしてもアオドクロが過ぎる新感線脳。これが本家だね…(演目違い)

そして舞台上の仁左衛門さん、スタイル良すぎ美形すぎで涙が出る。それにしても、歌舞伎って途中で身繕いが入るのが日本らしいよね。

 

河内山のときもそうだったけど、見せ場が近づくと周りの玄人たちがザスッと身構えるから非常にわかりやすい。あ、いまからいいとこだなって分かるからメリハリもつくし。

最後の引っ込みが見せ場なのは知ってたけど、3階だし見えないなーと思ってたら、引っ込みが近づくにつれて暗黙の了解みたいにみんな少しずつ乗り出すから、ありがたく控えめに覗き込ませていただき、無事に片手飛び六方を少しだけ拝めました。しかも七三での見栄は正面から観ました。ヒィッ。

 

沼へどぼん!

ああ!ついに古典歌舞伎を観てしまった〜〜!楽しかった〜〜!次は何観よう!誰観よう!8月と9月はこれ以上観劇は増やせそうにないので、次があるとすれば秋以降かな。新春新橋は誰が出るのかな。毎月何かしら各地で上演してる歌舞伎ほんと供給がすごい。沼!

 

 

 

やさしい歌舞伎のおべんきょう*やじきた捕物帖【シネマ歌舞伎】

シネマ歌舞伎ってなんて素晴らしいんでしょう。近くの映画館で一幕見席な気分。

「なんか楽しそう!」という直感で、なんにも知らずにチケットを取った初シネマ歌舞伎は「東海道中膝栗毛歌舞伎座捕物帖』」です!

結果、とってもわかりやすい歌舞伎入門講座でござんした…ありがとう弥次喜多

 

 

そもそもの話。

そもそも8月の納涼歌舞伎でやってるおなじみシリーズものらしい。そもそも納涼歌舞伎自体が3部制という珍しい構成。どうやら客入りの芳しくない8月を逆手に取って、短時間でも楽しめるようにと勘三郎さんと三津五郎さんが始めたらしい。知らんけど。

東海道中膝栗毛は第2部で上演されています。そしてとにかく出演者が豪華豪華。たぶんだけど、客入りがいちばん少ない昼間の2部に、有名役者がチョイ役含めて大量に出演する面白いコメディを持ってきたんじゃなかろうか。そりゃ観たいわ。知らんけど。

 

ファンへのご褒美コメディ

ストーリーなんて、あってないようなもん。一応江戸時代っぽい(一応)時代、お調子者の弥次郎兵衛と喜多八の珍道中。以上。

伊勢参りのはずがラスベガスに行ったり、バイトしてたら殺人事件に巻き込まれたり、とにかくコメディなんで、ストーリーはもうどうでもいい。

猿之助さんと染五郎さん(現・幸四郎)が主役でわいわい楽しそうで、團子ちゃんと金太郎くん(現・染五郎)が出てきて、隼人くんと巳之助さんがオイシイ役で、ベテラン勢がイジられてて、まあもうとにかく役者を楽しめばいい演目です。たぶんファンはただ推しを観にきている。

 

初心者こそ観るべし

なぜなら!やじきたは!ほぼ全て!!現代語だからです!!!!!なんと!やさしい!!!

捕物帖しか観てないけど、今回は歌舞伎座での殺人事件だから、劇中で歌舞伎の演目(義経千本桜)の話があって、その筋書きも、舞台の仕掛けの話も、役者と役の話も、ぜんぶ現代語で劇中解説!最高!

しかも歌舞伎の見せ場っぽい演出(勉強不足)がホイホイ出てくるから歌舞伎のいろはを学んでいる気分。暗闇の表現とか、早着替えの仕掛けとか、妖怪の表現とかね。古典観たくなるもんね。

とにかくまーすばらしい入門編でしたわよ。

 

今年も納涼歌舞伎はやじきただそうですね!あっという間に売り切れてましたね!どうせスケジュール的に観に行けないけど!

大人しくシネマ歌舞伎を心待ちにします。

 

歌舞伎ビギナーが観る近松心中物語【WOWOW観劇】

いやあ、昨今は映像化されるのが早くてなんと素晴らしいことか。WOWOWさんには足を向けて寝られません…いつもお世話になっています…

録画した近松心中物語を観たけど、わたしの語彙力はどこいったのかな?ってくらいに感想が頭悪い。

 

 

いのうえひでのり演出

冒頭のアンサンブルの演出がなんだかとってもいのうえさんっぽいな〜〜と思いながら。華やかで艶やかで賑やかで猥雑で、市井の人々の様子を描くのが好きよね!(わたしも好き)

 

成志さんが出てきて、普通の人で、びっくりした。なにこれ〜〜普通の役者さんじゃないか!ばってんと鳥贋鉄斎はどこいったの?!?!初めて成志さんの演技を見た気がしました。(失礼)

 

それにしても、台詞が芝居掛かっている〜〜!(芝居を観ています)

新感線の台詞が現代語すぎるというか、古田新太が普段通りすぎるというか。心中って題材が題材だから、当時の時代をしっかり見せるような口調なのかなあ。

 

 

うつくしい宮沢りえ

うつくしい。うつくしすぎる。登場シーンがとにかく美しすぎる。あれで見世女郎ってどーゆーこと?

最後の心中シーンもうつくしすぎる。あれは歌舞伎の見せ場的なアレなのかな〜〜〜名前があるのかな〜〜〜

梅川と忠兵衛に関してはこれくらいしか感想が残っていない。カッスカス。あ!封印切もとても素晴らしかったです。狂気と歓喜と絶望が同じ舞台上に共存していた…堤真一しゅごい…

 

 

途中で止めてネタバレ読んだ

だって元ネタを少しくらいは知っていた方が楽しめるってのは歌舞伎(本家)で学んだから〜〜!!

 

冥途の飛脚と緋縮緬の合体した物語ね、ふむふむ。と言いつつ、原作もそんなに知識がないので今度はそれぞれのストーリーを調べる。ふむふむ。

冥途の飛脚は、飛脚屋の真面目な息子(養子)が、見世女郎に惚れきって、ついに身請けのために飛脚屋で預かっていた公金に手を付けてしまって心中する話。なるほど。当時の飛脚は両替もやっていたらしい。へえ。

一方緋縮緬はというと、舅や姑と折り合いの悪い婿養子と、従姉妹の妻が心中したのに婿だけ生き残る話ね。ふむふむ。こっちはよくわかんないな!解説が少ない!とにかく栄子姐さんが歌舞伎の手法「連理引き」をやるらしい。見せ場なのね。ふむふむ。

 

とまあ、こんなテキトーな理解だとしても、やっぱり筋を知っているからこそ楽しめるものもあるんだな〜〜と思った次第です。

 

 

その他もろもろ

猿弥さんがとてもいい存在感で地に足ついた感じを醸し出している。観たことあるぞ!と思ったけど、思ったより観たことなかった。芝居と踊りに定評があるらしい。ふつうに現代劇でもいい役者さんだけど、歌舞伎の荒事なんかも映えそうだなあ。

 

あと、衝撃的なんですけど、栄子姐さんが超絶幼いです…年端もいかない小娘感…姐さんなのに…なぜあんなに幼い女の子なんだ…(混乱)

成志さんと栄子姐さんを観ると反射で髑髏城に吹っ飛ぶので、ギャップのせいで冷静に観られない緋縮緬パートでした。喜劇担当パートだったからいいけど…

 

とにかく歌舞伎を浴びた期間だったので、とっても日本文化が愛おしくなりました。着物とかね。今年の秋は着ようと思います。(暑すぎて浴衣すら諦めている)

 

次は7月大歌舞伎の染様に続き、巳之助さんのNARUTOが待っています!沼!

 

ようやく観た身毒丸の感想をいまさら書く。【蜷川幸雄シアター2 身毒丸】

何年越しかにようやく観た身毒丸!!!

(あれは4月のことじゃった…)

いつの話だよと思いながら、せっかく途中まで書いたからポストしておきます。

ずっと観たかったけど観たら終わってしまうから観れてなかったシリーズ。でももう再演も無さそうだし、ということで前売り買って観に行った蜷川幸雄シアター2。うっかり前の週にNINAGAWAマクベスも観に行って、極髑髏ライビュもあって、4月は観劇三昧でしたよ。

 

 

ストーリーえげつないんだね

あ、そう…そんな話か…という衝撃が凄かった身毒丸。タイトルとさわりしか知らずに観たら、そこはまるでシレンとラギ。ええそうですとも。苦悩して絶望して狂っていく役なんて、藤原竜也にやらせたらそりゃあ世界一ですとも。

せんさくがさ、せんさくが…あれ大丈夫なの?子役の子、トラウマにならない?と心配になった後半。

しかしまあわたしは冒頭とラストのあの奇怪さがだいすきですねほんとまあだいすきです。(語彙力とは)

 

 

ムサシ初演ぶりの白石加代子

ためいきがでるほどすばらしい。

美しい色っぽいいじらしい恐ろしい。白石加代子のあんなにいろんな顔を一度に観られる身毒丸ぜいたく!!藤原竜也目当てだったけど、終わってみればさすが座長、白石加代子の舞台でございました…

なんだろうね、あの、妖艶なのに無垢なあの感じ。色っぽいのにうぶなあの感じ。母なのに少女なあの感じ!NINAGAWAマクベスの田中裕子のときも思ったけど、ベテランの女優をうぶに描くのが素晴らしいのかもしれないね…そういえば日の浦姫の大竹しのぶもそうだった…ううん。オールメールシリーズもそうだし、蜷川幸雄健在時代をもう少し満喫しておくべきだったな…いやでもそれにしては舞台のチケット高すぎて学生には厳しかったんです…

話が大幅に逸れました。白石加代子はムサシ初演で拝見して以来でした。ムサシ初演は藤原竜也を好きになった私の初観劇でもあります。6列目ドセンでした。藤原竜也小栗旬鈴木杏吉田鋼太郎白石加代子そりゃあ沼にハマるよね…豪華だったなあ…再演観たかったなあ…

 

 

若かりし頃の藤原竜也

正直言って見慣れた藤原竜也ジュブナイルの中で歪んでいく不安定な藤原竜也。ええ最高ですとも。

ただ、欲を言うならこれは初演で観たかった。

だって踊る!幼い!若い!最初の登場シーンなんか、頼りなくて儚くて、これで本人がもっと幼かったら最高じゃないか。もっと若いときに観たかった!これ15歳でデビュー作だもんなあ。そりゃあその後の演技がこっち方向に寄っていくってもんだわ。最高かよ。

 

 

蜷川幸雄とは

いろんなことを成し遂げた人なんだろうけど、正直詳しくない。NINAGAWAマクベスのエントリでも言ったけど、あんまり詳しくなっちゃうと理屈っぽさが出るタイプだからインタビューとか記事とかはあんまり追わないマン。

dramatic9ri.hatenablog.jp

でもやっぱり、いまさらふとしたときに蜷川幸雄の特異性を感じる瞬間があります。偏っているとはいえ少しずつ舞台を観て、少しずつその世界を知るたびに、蜷川幸雄の演出ならではな部分をなんとなくほんのり感じたり。

そういうのって、比較しないと実感がわかないと思うんですよね。だから、ちょっとだけ、正統派から舞台ファン入りしてみたかったなって。「蜷川幸雄を観た衝撃」を感じてみたかったなって少し思います。少しだけ。でも私、さっき書いたけどムサシ初演から舞台にハマってるんで、そのときまだ学生なんで、むしろ間に合って良かったね自分!!!!!

 

 

ちょっと時間経ちすぎて演劇の感想というよりは自分の観劇ライフとムサシの話ばっかりだった気がするけど、これからも観劇ライフ楽しもうと思いました作文。

 

歌舞伎ビギナーが松竹座デビューで見事に沼にハマった話【スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース】

は〜〜〜〜〜〜!!!たのしかった〜〜〜〜!!!!!

かつては庶民の娯楽だった歌舞伎の本領発揮していらっしゃるスーパー歌舞伎、初心者のわたしを優しく沼に招き入れてくれたよ…

でもまだ沼に浸かった訳じゃないの。わかってます。まだ古典観てないからね。でもすぐ観る。わたしには七月大歌舞伎が待っている…染さま襲名披露公演…勧進帳絶対観る…

以下、歌舞伎初心者のわたしが欲しかった情報も書き記しておくけど、途中からネタバレです!

 

  1. 敷居が高いなんてマヤカシ
  2. さて、いざ初の松竹座
  3. だってあの人たちすごい好き
  4. 開いた口が塞がらない一幕
  5. 濃すぎてお腹いっぱいな二幕
  6. 三幕…尊い
  7. スクラップアンドビルド

 

 

 

敷居が高いなんてマヤカシ

ワンピースの前にとりあえず歌舞伎について。

ずっと言われてるけど、歌舞伎はほんと、最初の一歩さえ踏み出せば余裕で浸かれる沼だと思いました。そこらへんの劇団よりもよっぽど。

だって、次の公演まで2年も待たなくたって、毎月各地で何かしら演ってるんだよ?いつでも門戸は開いてる。しかも、歌舞伎の演目には新作がほとんど無い。

なんかね、なんか、ほら、あの、幼稚園の読み聞かせみたいな感じ!(ごめん怒らないで)みんな知ってるお話を、みんなで何度でもワクワクしながら読み進めて、ここぞってときに「いけー!」って応援するの。それぞれお気に入りの先生がいて、この絵本はいつも同じ先生に読んでー!ってお願いしにいくの。

演目は何度も観たことあったって、贔屓の役者のハマり役を観に行くわけでしょ。ここぞってときに大向こう掛かるわけでしょ。

難しいのは「みんな知ってるお話」を自分も知ってるかどうかであって…そこさえどうにか簡単に知れたらね…観にいきやすくなるよね…

と思ってたら、最近知ったの。イヤホンガイドあるってよ。文明の利器ですよ…すばらしいよイヤホンガイド…耳元で解説してくれるの…幕間もずっと情報喋ってくれるの…わたしは滝の白糸をこの子のおかげで乗り切りました。ありがとうイヤホンガイド。

 

唯一残ってる敷居の高さは一等席のチケ代だね…でもね、大丈夫、トーキョーには「一幕見席」ってお財布と拘束時間が良心的な入門にぴったりの制度があってね…ちょっと当日並ばなきゃだけど、素晴らしい制度だと思うよ…なぜ大阪には無い…?三階席+イヤホンガイドでも充分お安く楽しめるからいいんですけどね!

 

 

さて、いざ初の松竹座

観る前はね、特にロビーね、雰囲気に呑まれてもうガクブルしてたわたし。梅田芸劇とかIHIでは見ない層の方々がウヨウヨいらっしゃる…着物率高くない?えっ、何?おじさまの隣にいるのは芸妓さん??お土産で浴衣ってどういうこと…?ワンピース歌舞伎なのにおばあちゃまがたくさんいらっしゃる…絶対みんなハンコック知らんやろ、うわあ…

もうサッパリ勝手がわからない。売店の仕組みすらわからない。え?お弁当?買っとくべきなのね?なに?向こうにブロマイドあるって?は?ブロマイド?とかうろうろしてる間に売り切れていくお弁当たち。ギリギリで買ったよ、サンドイッチ。持ち込んでもいいみたいなので、コンビニでおにぎり買ってきても良かったかも。

 

番附と呼ばれるらしいパンフレットと、今回途中で使うらしいタンバリン(ゆずのライブと同じやつ)は次の幕間でも買えるから、とりあえず一旦スルーして、座席に着く。おっ、椅子がふかふか。さすがに4時間拘束だもんな…いい椅子にするよな…(IHIも似たような拘束時間なんだから少しは見習ってほしい)ただ、座面が分厚くて快適なぶん、椅子の下にあまり空間がなくて、荷物は置きづらい。寒い時期コート着てたらどうするんだろう…幕間になるとこぞって立つから荷物が多いと大変そう。絶対足元は邪魔だけど、キャリーケースとか大きな荷物は1階で預けていたので、冬は何かしらあるのかも。(結局調べてない)

 

ちなみに今回お譲りいただいたチケットがとっても良席で、一階席のちょうど真ん中あたり。見上げると宙乗りのワイヤーが頭上を斜めに走っている。舞台も花道もよく見える。初心者には身に余る良席。

ただ、せっかくなのに役者も歌舞伎の見せ場もまったく知らないのはアレなので、少しだけネットでレポを読んでから臨みました。一幕の見せ場はここ、とか、これが見どころ、とか。普通の演目ならイヤホンガイドがあるんだけど、ワンピース歌舞伎のイヤホンガイドは歌舞伎じゃなくてワンピースの解説らしいから借りなかった。(観客層から言えばそりゃそうか…)レポ読むとネタバレになってしまうのはその通りなんだけど、こんな初心者にとってはそんなネタバレ、なんのネタバレにもならなくて、読んでたのに声出るほど驚いたし楽しんだし納得したので、ちょっぴり予習しとくのもアリかと。少なくとも配役は絶対に把握しておくべき。

 

演目は11時から15時までの3幕構成。それぞれ途中で30分、20分くらいの幕間を挟んで、実質観劇は3時間かな?一幕終わりはご飯食べて、二幕終わりはお手洗いと最後の売店タイム。ブロマイドは貼り出されてる写真から欲しいやつの番号書いて提出する懐かし方式。小学校の修学旅行とかこんなスタイルだったな。あと、終幕後は売店が無いっていうのがトラップですね。短かったよ…こまめに休憩あるの優しいね…なんかこう、ご飯食べながら半日掛けて遊ぶ一大遊戯!って感じでした。

 

感想は以下ネタバレしながら書くけど、結論だけ言うと、七月大歌舞伎とは別に、スーパー歌舞伎のナルトも観に行くことが決定しました。

 

 

だってあの人たちすごい好き

ようやく役者さんの話する〜〜!!ちなみに私が観たのは配役Cの千穐楽市川右近さんルフィです。

もう、坂東巳之助!!!さん!!!!!二幕のボンちゃんで撃ち抜かれ!三幕のスクアードで落ちました…あの演じ分け素晴らしすぎる…しかも一幕ではゾロ演ってるってなにそれキャラが違いすぎる…最高…

ボンちゃんが出てきた瞬間目と耳を疑ったもん。メイク衣装立ち姿まではいいとして、常に指先までボンちゃんだし、まさかの声まで完コピ。ジョーダンじゃないわよーう!!!

本水でのカッコいい立ち回りと見得もありながら、そのあと引っ込みの前に花道での殺陣があって…もお〜〜すばらしくボン・クレー!あのひとワンピース大好きでしょ絶対?!

でもね…わたしが死んだのは三幕のスクアードなんです…あの苦悩…迷い…嘆き…歌舞伎とか関係なく演技として最高だった…最高だった…(相変わらず語彙力が足りない)

というわけで、巳之助さんが主役のナルトは必ず観に行きます。絶対一等席取る。来年の新春新橋も絶対一等席取る。他は三等席と迷わせてください…ちゃんと回数重ねるから…

 

次点はイケメン枠中村隼人さんと迷うけど、坂東新悟さんを挙げたい…。ナミさんとサディちゃんと蛇姫妹の三役です。超美人…かわいいにもほどがある。二幕はボンちゃんとサディちゃんに釘付けです。

中村隼人さんはサンジ、イナズマ、マルコというイケメン枠総ナメ。ええもうカッコいいですとも!イナズマは本水の立ち回り、マルコは宙乗りがあって見せ場満載。さすがイケメン枠!マルコとスクアードのやりとり最高でしたね…そんな彼がサスケになります。観るしかないでしょ。

右近さんも右團次さんも、挙げ始めたらキリが無いけど、ひとつだけ追記するなら猿之助さんの存在感はハンパない。

 

 

開いた口が塞がらない一幕

さて。わたしずっと祈りの体制で観てたし、ずっと口開いてた。マヌケ顔め。あ〜〜!もう最高でした。思い出すたびに最高。

一幕はシャボンディの奴隷オークションから。始まって早々、一味の口上があって死んだ。これがホンモノの口上。1年間豊洲で散々聞いてきた口上、本家本元がこれか…口も目も開いたまま塞がらない。あと、拍子木はほんとに舞台上手で叩いてるんだね。何度も見ちゃった。すごい。普段は音楽も舞台も質素だからきっとコレが映えるんだなあ。

そしてとりあえずキャラクタの再現率が高すぎる…これ皆さん歌舞伎役者なんだよね…?全員男の人なんですよね…?うそだろ…ナミさんの着物風のお衣装、途中で片肌脱ぎなさるんだけど、ちゃんとナイスバディでドキッとしたよ…あと冒頭のケイミーもクソかわいくてオペラで抜いた。

 

ストーリーはオークション終わったらくまに飛ばされてアマゾンリリー。一幕の見せ場、主役の早替わりです!!!主役の右近さんがハンコックとして出てきて、まず息を飲む。あの、えっと、美人すぎやしませんかね…?!女方が本業なのね…知らなかった…(無知すぎる)声までかわいくて、番附とか事前情報が無かったら気付けなかったかもしれないレベルで美人…

そして気がついたらルフィがいる。2人の立ち回りは、松山天魔王もびっくりの入れ替わり立ち替わり!あれだね、3人で回してるんだね!入れ替わりが多い!よ!すごい!男女替わってるんだもの!

ひたすらハンコックとニョン婆がかわいかった一幕。それからサンジの衣装だけ無駄に豪華だったのは気のせいじゃないはず。スーツの上に羽織ってるその和柄半分毛皮半分のコートは一体何?!イケメンはどの世界でも重宝がられる。

そしてすべて終わってからエンドロールで知った、オープニングのナレーション。中村勘九郎だってさ…聞き覚えあるとは思ったんだけどな…声フェチの私がなんたる不覚。パンフには七之助さんの名前もあったので、これも日替わりなのかなあ。

あっと言う間に終わった一幕、これはやばい…すき…二幕こわい…沼にはまる…だってもう古典歌舞伎が観てみたい気持ちになってる!

幕間はお弁当のいい香りに囲まれながら、いそいそと番附とタンバリン購入。ついでにゆずのアルバムも購入。いやあの、もとからね、ゆず好きで、ライブも行くし、タンバリンはゆずのライブでも使えるからほら…と言い訳。いいんだよぉ、いい作品にはお金を落とさなきゃいけないんだよぉ!

 

 

濃すぎてお腹いっぱいな二幕

一幕終わりの幕間でご飯を食べ終わったころ、前方4列目くらいまでの方々がゴソゴソとカッパを着込みだす。8列目くらいまではビニルのひざ掛け?が配られている。え、舞台に水使うとは読んだけど、そんな飛ぶの?

結論。飛ぶ。っていうか、水使うにも限度があるでしょ?!もうあれ滝じゃん!バケツひっくり返したみたいな水。しかも客席に向かって水掛けてくるからあのひとたち!わたし10列目だったけど、しっかり飛沫は感じました。追い打ちで上から追加の水。水。水。溺れるよ…?しかし、あっぷわっぷしながら見得を切る役者さんたちカッコ良すぎた。そこにトドメの水…カッコ良すぎた…ジャパニーズエンターテイメント、まさに!エンターテイメント!(語彙力)

 

とはいえ、本水が出てくるのは二幕後半ですからね。前半はインペルダウン。サディちゃんがあんなに前面に出てくるの不思議だけど大正解。坂東新悟さん美しすぎる。オペラでガン見。あと、痛めつけられる平岳大さん。我らが常世王の息子よ…エース…渋い…ずるい…もう立ち姿がエースだもん。でも二幕の登場シーンが思ったより少ない。(見せ場は三幕でした。)

たくさん出てくる囚人と看守の中に、どうやら桃さんがいたらしい…チェックしてなかったの惜しいなー!でもきっとチェックしてても見てられなかった。だって目まぐるしすぎる…本編ではモブの大物海賊として、歌舞伎の大物(らしき人)が出てくる出てくる!イヤホンガイド無いし、番附覚えきれてないから誰なのか全然わかんないんだけど、ありえない迫力だけは感じるベテランしゅごい。

 

インペルダウン編の主役は間違いなくボンちゃんです。完コピ。かわいい。かっこいい。巳之助さん演技力すごすぎてほんとすき。

そしてお待ちかねのニューカマーランド…リアル・ニューカマーランド…あんなに綺麗になれるひとたちが…こんなにきたない…(褒めてる)そしてまたもや完コピのイワンコフで腹筋が死んだ。誰あの歌うまい人!!!と思ったら下村さん四季出身でしたか…そりゃうまいわ…なんだあれ…なんでイワンコフの語尾をリアルの世界で聞いてて違和感がないんだ…(それでいうとマルコの「よい」も素晴らしかったな…)

そこから本水からのボンちゃん引っ込みからのルフィ宙乗り通称ファーファータイムです。ゆずの歌に合わせてタンバリンを叩きながらまさに応援上映メイドさんが客席まで下りてきてハイタッチしてくれる。

ここでまたしても運命の出会いをしたわたし…名もないメイドさんめちゃめちゃかわいい…でも名がないので探せない!探す方法もわからない…!うんうん唸りながら、その夜ようやく見つけました市川翔三さん…

場面と配役の一覧を片っ端から検索したよね。4人目でたどり着きました。背が高くてスタイルがよろしい。そしてかわいい。仕草も完璧にかわいい。その他のシーンで見つけられなかったから、それ以外の情報がないんだけど、いいのこれから歌舞伎の世界のおべんきょするもん!

 

 

三幕…尊い

スクアード…!!!

この筋はワンピースオタクが書きましたね間違いない。じゃないとスクアードあんなにフォーカスするかよ!すき!

しかしこのあたりからもう記憶がない。だって白ひげ船長を中心に隊長揃い踏みで、回り舞台で回りながら大ゼリでせり上がってくるんだよ?!?!壮観以外の何物でもないし、むしろそこしか覚えてない。全員揃って見得切ったかどうかも朧げな記憶…ただただ圧倒されてた…ずるい…ずるいよ〜〜オヤジ〜〜!!!かっこいいぞ!

三幕はイケメン枠マルコの宙乗りがありますね。まーあんな登場の仕方ありですかね!!!歌舞伎すごいな!普通の舞台じゃありえないところからありえないくらい回りながら飛んでくるんだよ…これほんとに何百年も歴史のある伝統芸能なの…?

 

そして最後に出てくる猿之助兄さん…

存在感が桁違い…

白塗りに獅子みたいな頭して、絢爛豪華な衣装の肩に龍載せて回転舞台回ってくるんだよ?ラスボスじゃん???

 

しかしまあとにかく最後まで巳之助さんと隼人さん推しの舞台でござった…ちゃんとNARUTO観に行くからね…

 

 

スクラップアンドビルド

月髑髏に始まり、極髑髏が続き、今年はわたしにとってスクラップアンドビルドの年なんですかね?「歌舞伎」の概念が全て崩れ去って、ド派手エンターテイメントに組み上げられてるんですけど…これ合ってる?

とにかくスーパー歌舞伎は、白塗りのひとと、隈取りのひとと、フェイスペイントのひとと、完全コスプレメイクのひとが同じ舞台でひとつの作品を作っているというぶっとび世界観で、過去と現代、伝統と流行をスッと同じ舞台に乗せちゃった素晴らしい作品でした!!!

 

実はわたし、スーパー歌舞伎ワンピースⅡが歌舞伎初見はちょっと申し訳ないなと思って、歌舞伎座の一幕見席で1作品だけ観たんですよね。中村壱太郎尾上松也の、滝の白糸。

古典ではなく明治時代ですね…ちょっと残念…でもとにかく美しかった。

みなさん役者で観てるから、名乗らなくても役者が顔見せて拍子木が鳴れば誰かわかるんですね!!!と驚いた正真正銘の初見。イヤホンガイド借りてなかったら時代背景とか人間関係がよくわからなくて途中で諦めてたかも…

 

ということで、次は絶対に七月大歌舞伎の勧進帳を観るぞ!!!

 

また新しい沼に足を踏み入れたわたし。増えすぎでない…?なぜみんな沼に落ちずに生きていけるのか…

 

 

 

キャラメルポップコーン持ってるのはわたしだけだったNINAGAWAマクベス【蜷川幸雄シアター2】

わたしを演劇の世界に引きずり込んだ蜷川幸雄藤原竜也。タイミングが合わずに一度も観れてなかった身毒丸、え?蜷川幸雄シアター2でやるって?よおし、ついに観るぞ!と思ったら前の週にマクベスやるっていうじゃないですか…えっ、なに?しかも橋本さとし出演?え?メタマクの予習しろって?Disc1のチケット取ってないんですけど…とか言いながら息をするように前売りを2枚買いました。だって、舞台ひとつ2200円?タダ同然じゃん!

 

いろんな感想溜まってて脳内大渋滞だけど、まずはNINAGAWAマクベスだよ!

 

 

キャラメルポップコーンは場違い

3時間近くあるし、お昼ご飯抜いたし!どこかの誰かさんみたいにぜんぶわたしの!ってたっぷりキャラメルポップコーン抱えて劇場入ったら、わたし以外誰もポップコーン持ってなかった。むしろドリンクすら持ってなかった。

あっれー?少女漫画原作の映画もいまいっぱいやってるのにな?2番シアターだけやけに年齢層が高くないか?ひとりだけウキウキしてて浮いてる!と思いながら、めげずにむしゃむしゃポップコーン食べた。いいもん。映画館の収益に一番貢献できるのは売店だって何かで読んだもん。

髑髏城ライビュで麻痺ってたけど、そういえば演劇って年齢層高いんだなって身に沁みた。でも身毒丸でもきっとめげずにポップコーン食べるんだ。

ひとつ油断してたのが、幕間がなかった。いや存在はするんですけど、コチラ側ではそのままぶっ通しでした。サクッと観れたけどね。ゲキ×シネは優しいね…長すぎるからかな…

 

 

普通におもしろかった

魔女、歌舞伎って最高かよ〜〜〜!!!冒頭から最高。最高です。

ほら、あの、ね?最近髑髏城ばっかり観てて「罪深い!」とか「つらい!」とか、そういう感想を並べてたから「あ、演劇っておもしろい」と素直にストンと感じてしまったわけです。

惜しむらくは、原作を知らないことですね!疎くてすいません!マクベスの知識は内野聖陽のランダムスターのみです。しかも先月が初見。

シェイクスピアはねえええ、行動原理の理解に苦しむのでちょっと苦手意識あるんですよね…とかぼやきながら観たら、シェイクスピアを名前もろもろカタカナのままなんとなく日本文化に落とし込んだマクベス非常に楽しみました。面白かったです。蜷川さんすごい。

だって意味わかんないですよね?日本の装束着て「コーダーの領主」って。でも、背景が日本文化になったとたん、すごい理解が進んだ。

なんとなく苦手意識があったのは、「シェイクスピア」じゃなくて「文化も時代も違うひとたちの価値観」だったんですね。時代背景ってモノサシがひとつ自分に寄っただけで抵抗薄れるんだもの。蜷川さんすごい。ほんとわたし、西洋史専攻だったくせにね…いまさら気付いたよね…

とにかく名前も土地も権威構造も全部そのままなのに、衣装が和装に変わっただけで、まあよくわかること。視覚的なファクターの重要性。

 

 

市村正親と田中裕子がやばい

ほんと語彙力ない見出しですいません。

このキャスティング、人間の強さと弱さの対比がほんとすばらしいと思いました。市村正親って、どちらかというと「強い」印象の役者さんだと思うんですよね。王の役だってヨユーでできちゃう。でも、市村さんが演じるマクベスは弱いひと。小心者で実行力がない。

対照的に、田中裕子は一歩引いた奥ゆかしさ、「弱さ」の表現が上手な役者さんだと思ってた。でも、マクベス夫人は強いですよね。苛烈で、野心家。

しかも物語の後半になるとそれが逆転して、マクベス夫人は病み、マクベスは過信する。

はじめは「へ〜どんなマクベス夫妻なんだろ…」と思ってたけど、マクベス夫人が舞台に現れたときにハッとしました。この、この、対比を、よくぞこのお2人に当てましたね?!って震えてたよ…すばらしかったよ…

 

 

柳楽優弥がすき

ごめん、ほんと見出しの語彙力がひどいけど、柳楽くんってそういえば昔からすき。顔が。(演技も素晴らしかったです!!!)

そもそもあんまり役者の出演作を追いかけないタイプ(観るかどうかはマテリアルではなくコンテンツで選ぶ)なので作品は全然観てないですけど顔が好き。

マルカムの役、あれずいぶん若い役のはずだけど、柳楽くんの年齢であの若さと甘さと王族の気品と、すごい良いバランスでわたしはとても好きだった。あの吉田鋼太郎とのくだり、もう一回観たい。

そう、吉田鋼太郎な!あのひとほんと、どこで何演ってもブレずに吉田鋼太郎だなって感じたし、おっさんずラブ観よって思った。

 

 

橋本さとし目当てだった

メタマクの予習にしちゃうにはもったいない作品でうっかりしてたけど、そういえばメタマクの予習で行ったんでした。わたしたぶん、橋本さとしさん初見なんですよね…なんというか、癖のない役者さんだと感じたんですけど、どうなんですかね?詳しい人教えて…

つい先月じゅんさんのバンクォー観たからかもしれないけど、すごくスッとしたバンクォーで、あれ、バンクォーこんな役?って。ふつうに渋いイケオジなんだもの!じゅんさん濃すぎるのかな…麻痺してる…

このイケオジがランダムスター!ボケるの?wiki観たら正統派な演劇出まくってるけど、シャウトするの?あー、チケット取ろうかな…ライビュ後で大丈夫かな…いやでもな…(最近ずっと悩んでる)

橋本さとしさんとじゅんさんが、かつては大吉と兵庫として髑髏城演ってた(90年初演)って、それ観たい以外のなにものでも無いですよね…97年版が残ってるだけでも充分すごいけど…

あと、バンクォーからマクベスって、転生も甚だしい…よく考えたら古典演劇だったら何度も演る人もいるだろうし、同じ脚本の役違いってよくあることなのかなーとか。蘭兵衛から天魔王への転生とか、狸穴からぜん三への転生とか、贋鉄斎から天魔王への転生とか…1年で2役ってのが珍しいのか…?

 

 

その他もろもろ

・仏壇なんだね?!

舞台装置の障子と扉の使い方が、あの世とこの世の境目みたいで面白いなーと思ってたら、ほんとにあの世とこの世の端境だった。仏壇!絢爛豪華なご先祖様の時代の話。栄枯盛衰な話…

 

・きれいは汚い、汚いはきれい

これ、あんまり意味はわからないけどマクベスの代名詞かと思ってたら、「良いは悪い、悪いは良い」の訳が採用されてた。どっちも倫理観の話なんだろうけど、NINAGAWAマクベス観てからだと、こっちのほうがしっくり来やすいかもなあとは思います。髑髏城と一緒だよね…正義と悪は絶対ではないんだ…天魔王だって正義なんだから…(どうしても髑髏城が混じる)

 

・レトリック、やっぱりおもしろいかも

シェイクスピアといえばレトリックってのは安易です?でもあの芝居掛かった言い回しが、これぞ演劇!って感じ。あのセリフ、読んだら回りくどいし、言わないし、舞台上か弁論でしか使わないなあとあらためて実感です。蜷川さんの舞台はそういうセリフを敢えて使ってるのかなー。演劇を、あくまでも演劇として広めていく感じ。2.5次元とか、蜷川さんはどう捉えてたんだろう?とか言いながらインタビューとか記事とかは追わないマン。あんまり詳しくなっちゃうと理屈っぽさが出るタイプなので、純粋にレトリックを楽しむには、へ〜、くらいの知識がちょうどいいです!

 

 

そんな蜷川幸雄シアター2

映画館で舞台観られるなんて、すばらしい時代だなあと思っています。舞台だけじゃなくてオペラも歌舞伎も観れるものね。

そういえば歌舞伎は七月大歌舞伎が発表されまして!!!歌舞伎はまだあまり観てないけど、初心者に襲名披露は分不相応ですかね…?むっちゃ観たいんですけど…演目は昼が観たくて、襲名披露は夜なのどうしたらいいの…?歌舞伎の世界ってみなさま、いちにちぶっ通しとかやるの…?長くない…?

と、周りの情報もろもろに目と耳を振り回される蜷川幸雄シアター2。

 

書いてる間に1週間経って、身毒丸も見終わったのでまた書かなきゃ…